太陽光発電で住宅ローンを半分にしたい方へ 5|府中・調布・日野の注文住宅を建築するキャナエル設計

太陽光発電で住宅ローンを半分にしたい方へ 5

太陽光発電で住宅ローンを半分にしたい方へ 5

~憧れの持家をいつ建てるのか。建てられるのか。お悩みの方が多い
のではないでしょうか。
自分たちの収入と建設費用のバランスでいつもローンの返済が
心配ですね。賃貸住宅はその点、気が楽です。

「住宅ローン=生活の縛り」
みたいにお悩みの方に朗報です。
東京電力エリアの方は心配ありません。
太陽光発電がまだ間に合います。

前回の復習になりますが・・・

売電収入を上げるためにはポイントがあります。

太陽光発電のパネルの性能はヴァージンシリコンにする。
電気の交換機の耐用年数の試験は屋外設置で検討したものにする。
太陽光発電の故障は想定済で用意する。

これらの違いが5年、10年で売り上げが10~20%も違ってきます。
理由は・・・
一般のシリコンは再利用が含まれていますから純度が9が6個の
99.9999%です。ヴァージンシリコンの純度はその1000倍の
9が9個の99.9999999%です。この差は大きいですね。

さらに発電した電気を売るために交流に変換するのがパワコンです。
この耐久性や交換性能が世界No.1のSMA社製がキャナエル設計
の標準仕様。保証も20年です。
一般には国産メーカーで室内耐久での想定で、さらに保証期間も
10年程度です。これも売電価格に大きく影響しますね。

そして太陽光発電の故障です。
10年、20年の間にも起こりえますね。
これを想定した保証、保険内容が必要です。
メーカー保証の他に、火災保険とリンクした保険で対応しています。雹、雷の保証も対応できるので安心です。

こうした点が太陽光発電の収入を確保している理由です。

あなたの理想の家をかなえるお家ラインナップ

top